レーシックのための正しい病院選び

レーシックのための正しい病院選び

津市 歯科での歯列矯正にはいろいろな 種類が有ります。

まあ 上の歯だけとか 下の歯だけとか 片方で済めば安く上がりますよね。

しかし 見た目だけなら ともかく かみ合わせという観点で考えれば 上下やるのが自然のように思います。

歯科で片方で良かった、安く上がったと喜んでも かみ合わせが解消されなければ 肩こりや偏頭痛など 何らかの不調に見舞われる可能性があります。

最近は歯科の「見えない歯列矯正」と言って、歯の裏側に付けるものが人気です。

特に大人の歯列矯正の場合には、「いい年して歯列矯正なんて」など言われかねないので、見た目にわからないのはありがたいですよね。

「歯列矯正は子供がするもの」という考えはもう古いと思います。

いい年しても、母親になっても それを許す金銭的余裕があるのなら やっていいはずです。

産後垂れ乳を豊胸する人がいますが 同じことですね。

もう結婚しているから 顔様など気にしなくていいというわけではないです。

顔がいいに越したことはありません。

新潟市 歯医者に行くと、歯が強いね、とよく言われます。

かなりネグレクトな母親だったためろくに歯磨きをした記憶がないのですが、私の歯はとても丈夫です。

若いころは 飲んで帰ってそのままばったり、歯磨きをせずに寝てしまうことが多かったですが、それでも 無事でした。

唯一 虫歯が出来てしまったときは 3日ほど高熱でくたばった後のことで 歯科へ行きました。

熱があると 子供の歯磨きもしないことが多いですが(特に吐くタイプの感冒だと 歯ブラシもえずいて又吐いてしまうと 躊躇してしまいますよね)病気の時こそ歯磨きしないと まずいです。

ふだんそうやって 若いころの私もそうですが、歯磨きを怠っても虫歯にならないのは 口の中の良い細菌が元気だからです。

でも、病気をして全身弱っていると 抵抗力がなくなってしまいます。

そうするとあれよあれよと 虫歯に侵されてしまうのですね。

前述したように お蔭様で歯は強く、ちょっとやそっとで虫歯にもならないのですが 歯茎に関してはネグレクトが影響して 幼いころから弱いです。歯科でのケアが欠かせません。

一生自分の歯で食べたい。

 

そのためにはどんなことに気をつければ良いのでしょうか。

 

歯がいくら丈夫でも、

歯茎ケアを怠っていると根元から抜け落ちてしまうことがあります。

 

私の歯はほんのり黄色で、

見た目には真っ白な歯のような美しさはありません。

 

しかし、強い歯というのはほんのり黄色い歯なのです。

 

私も歯の強さには自信があるのですが、

歯茎は弱いことを歯科で指摘され自覚しています。

 

だから、お風呂に入って歯を磨いた後、

(私は湯船に漬かりながら磨きます)そのまま湯船で清潔な指で歯茎を優しくマッサージしています。

 

たまには歯茎用の薬剤を指で塗りこむこともありますが、

基本的には何もつけずにやさしく円を描く感じで血行を良くするようにしています。

 

自分の歯茎を見たことがありますか?

 

特に喫煙の習慣のある人は歯科で見ると歯茎が黒くなっている人が多いです。

 

歯自体も熊本市 歯科で見ると特に裏側はニコチンで真っ黒なことが多いものですが、

それよりも問題は歯茎が血行が悪くなって真っ黒になってしまうことです。

しゃくれも、歯科の床矯正だったから治ったのかもしれません。

でも、現在彼女を「しゃくれ」呼ばわりするものはいませんし、呼ばれたところで「誰が?」てなもんです。

ええ ちっとも出ていません。

6年生当時の写真を見ると、確かに出ているのに、すごいです。

歯科の床矯正は基本的に歯を抜きません。

あごを広げる矯正方法なんです。

だから、あごが育ちあがった大人はできません。(たまに ネットで大学生の床矯正カキコを見かけましたが、結果矯正出来たのかな?)

うちの上の子(治療開始当時中学1年生)が幸運だったのは、乳歯の生えかわりが遅かったことです。

まだ だいぶ残っていました。

ちなみに「私もやってもらえますか?」と聞きましたがもちろん断られました(泣)

それより お姉ちゃんのおまけに札幌市中央区 歯科にくっついてきた当時小学1年生の妹に

「この子、床矯正始めるべきだよ。今すぐやらないと 歯列がたがたになるタイプだから」

と勧められまして、二人共やることになったのです。

「えー二人なんて金ないよ!」と心で叫んでいましたが、今となってはやって良かったと思いました。

レーシックは、手術による視力回復法である為、利用者の状態によっては手術を受けることが出来ません。

 

手術を受けることが出来ない主な理由としては、感染症になる危険性が高い場合や、レーシックによる効果が低い場合や期待出来ない場合などです。

 

その為、手術の前には入念な検査を行い、手術に適合するかどうかをチェックします。

 

例えば、円錐角膜やアレルギー性結膜炎、強度のドライアイ白内障・緑内障・網膜はく離など、眼の病気がある場合には、レーシックの手術が受けられないとされています。

 

あなたがレーシックの手術を受けるために検査を受けた際に、重い目の病気があったにも関わらず、レーシックの手術を勧める医師だったとしたら、その意思を信頼することができますか?

 

医師との信頼関係は治療を受ける上で非常に重要となってきます。

 

自分にとって不安を与えたり、不利益を与えるような医師では、大切な自分の身体を任せることはできないのではないでしょうか。

レーシックの手術を受ける前には、医師による検査結果の報告や、レーシック手術の説明などが行われます。

 

通常はこの問診で医師と相談して、手術を受けるかどうかや、矯正の程度、レーシックの種類などを決定させます。

 

医師には説明義務というものがありますので、患者さんの症状や手術のリスク、リターンもしっかり説明しなければならないことになっています。

 

例えばこの説明の際に合併症や後遺症についての説明をしない病院であったらどうでしょうか?

 

この病院で手術をうけて大丈夫だろうか・・・と不安になってしまうと思います。

 

もし、あなたが医師から説明を受けた段階で、あれ?と思うようなことがあれば、きちんと質問をするようにしましょう。

 

それでも説明してくれないような病院であれば、他の医師に診てもらうことを検討した方がいいかもしれません。

他の手術でもいえることですが、レーシック手術の場合も手術前の事前検査は、手術の結果を左右する大事な要素の一つとなってきます。

 

小さな眼科などでは検査も医師が行うことがありますが、レーシックの手術の場合には、検査も専門の検査員が行っている病院を選ぶことをオススメします。

 

厚生労働省より定められた国家試験により免許を取得した視能訓練士(ORT)が適応検査を担当する病院を選ぶようにしましょう。

 

また、納得して手術を受けるためにも、セカンドオピニオンで主治医以外の医師から意見を聞いておいた方がいいでしょう。

 

医院によって事前検査の結果に違いがあるなどの報告もあります。

 

セカンドオピニオンを受けることで、大事な目の手術に失敗しないようにしましょう。

あまり知られていないことですが、実は日本の法律では、レーシック手術を行うのに特定した医師の肩書きを必要としていないのです。

 

極端なことを言ってしまえば、医師免許を持っていれば、産婦人科の医師でも歯科や内科の医師でもレーシックの手術ができてしまう、ということ。

 

そのため、今現在においても、「レーシック専門医」や「屈折矯正専門医」等といった、実際には存在しない認定医資格の肩書きを表記して治療を行っているクリニックもあるのです。

 

レーシックの現実問題として、そのような病院で治療を受け、重たい合併症を引き起こしてしまうケースも後を絶ちません。

 

しかし、”特定した医師の肩書きを必要としていない”とは言っても、なんの基準もないというわけではありません。

 

日本眼科学会から認定された「眼科専門医」という資格がありますので、レーシックの手術を受ける際にはこの資格を掲げている専門医がいるクリニックを選ぶようにしましょう。

 

レーシックは機械を使用して行う手術のため、医師の腕は関係ないと考えている方が多くいるようですが、そんなことはありません。

 

手術において多くの実績があり、手術を熟知した眼科専門医のいる病院を選ぶことによってリスクも最大限に押さえることが可能になります。

思い出してみて下さい。

 

いままで買い物や外食をしたときに、お店で不快な思いをしたことはありませんか?

 

・お店が異常に汚い

 

・店員の対応がすごく悪い

 

・味や見た目がものすごく悪い

 

・商品が古い、商品が少ない

 

こんなお店ではあまり買い物や食事はしたいと思いませんよね。

 

これは病院でもいえることで、医師や看護師の治療内容などはもちろんのこと、院内外の清潔感や職員の対応などにもその病院の姿勢が表れてしまうものです。

 

建物は古くても清潔感の感じられて温かみのある対応をしてくれる病院のほうがいいと思いませんか?

最新ニュース

  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • 美容皮膚科
  • 銀座スキンクリニック
  • 脱毛ラボ

  • ホーム RSS購読 サイトマップ
    HOME こんな病院はイヤ! 安心できる医師 検査技師も重要 説明足りてますか? 本当に手術は必要?